スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地雷原を綿畑に!

nsc_R.jpg

NPO法人 地雷原を綿畑に! Nature Saves Cambodia!

東北地方太平洋沖地震災害 義援金受け付けについて

福岡県在住、ゆう,さんのブログ『ニライカナイの風は三線にのせて』を拝見して知ったニュースです。

以下、記事を転用しています。


カンボジアの地雷原の村から義援金が届いた--。

内戦による多くの地雷が残るカンボジアで、綿の栽培や加工によって細々と暮らす人たちから、

東日本大震災の被災地への義援金とお守りが届いた。

彼らの綿製品作りを支援する日本のNPO法人は、

「額は少ないかもしれないが、貧しい彼らにとっては大変なお金。

苦しい中、日本のことを思ってくれる気持ちに感激した。彼らの思いを被災地に届けたい」

と話す。


義援金を寄せたのは、カンボジアの北西に位置する地雷原の村やプノンペン近郊で、

綿を有機栽培し、ストールなどに加工している人たち。

多くは、地雷被害で足などを失い、経済的に困窮していた。

日本のNPO法人「地雷原を綿畑に!」が09年ごろから彼らを支援、綿製品作りを通じ、

徐々に収入が得られるようになっていた。


義援金は、綿製品作りにかかわる約30人の工賃や染め賃1カ月分など計8万円。

カンボジアの貧しい地域の1家族の年収約7万円を超える額だ。

プノンペン近郊に住む女性たちは、近くの寺院に通って、

被災地の人々への祈りをささげているという。


地雷原の村に住む人からは、

「今回の地震と津波で、日本の多くの方が亡くなり、被災されたことに、

地雷被害者メンバーはショックと悲しみに包まれています。

どうか私たちに、皆様の苦しみを分かち合わせてください」

とのメッセージも届いた。


NPO法人の石井麻木代表は

「日本からの支援を受けていた人たちが、逆に支援を申し出てくれた。

彼らが深く考えた末の思いやりと考え、義援金を受け取ることにした。

彼らのことを誇りに思う」 

と話す。 【永山悦子】


NPO法人 地雷原を綿畑に! Nature Saves Cambodia!

東北地方太平洋沖地震災害 義援金受け付けについて

今回の東日本大震災の被災された方々や被災地域に対しての心が熱くなる支援のニュースです。

そして、このニュースを通じて『地雷原を綿畑に!』の活動を知ることができました。


みんな繋がっている!がんばろう!日本
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

peco

Author:peco
兵庫北部 香美町在住

1978年頃 歩き始める
1981年頃 スキーで滑る
2006年頃 ボードで滑る

2010年2月20日三線を手にする

三線・スノーボード
釣り・果物狩りが大好き

ランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へ
にほんブログ村 ↑ランキング参加中!クリックで応援お願いします。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
352位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。